ピアノのお手入れ

ピアノの日々のお手入れマニュアル「実践編」

皆さんこんにちは。
ぴあとーく(@piato_ku)です♪

ピアノの日々のお手入れの実践について、書いていきます。

お手入れグッズを準備できたら、早速実践していきましょう!

お手入れに必要なアイテムはこちらの記事で紹介しているので、参考にして下さいね。

ピアノの日々のお手入れマニュアル「お手入れ用品編」 皆さんこんにちは。 ぴあとーく(@piato_ku)です♪ ピアノをお持ちの皆さん! ピアノのお手入れは普段何をして...
【グランフィール】アップライトピアノをグランドピアノタッチに!皆さんこんにちは。 ぴあとーく(@piato_ku)です♪ グランフィールと...
レッスンにも自宅練習にも使える超便利グッズ!卓上型「おんがくのひょう」皆さんこんにちは。 ぴあとーく(@piato_ku)です♪ 本記事では、ぜひ音楽をやっている皆さんにオススメしたいグッズを紹介し...
【Amazonで買える】ピアノをやっている人にオススメしたいもの皆さんこんにちは。 ぴあとーく(@piato_ku)です。 私は緊急ですぐに楽譜を買わないと行けない時は、必ずAmazonで買い...

あなたはちゃんとできてる? 日々のピアノの鍵盤や外装面のお手入れ方法!

演奏後は毎回乾拭きする

鍵盤は素手で触る箇所のため、ピアノの中でも特に汚れやすい場所です。
演奏後は乾いた布で鍵盤を拭くことを習慣にしましょう。
鍵盤を拭くときには、鍵盤の手前側や黒鍵の横側も忘れずに拭きましょう。

汚れが気になるときは水拭き

汚れが気になるときには、かたく絞った布で鍵盤を水拭きすると良いでしょう。
水拭きした後は、やわらかいネル生地のクロスで乾拭きすると綺麗になります。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥660
(2021/06/21 18:14:44時点 Amazon調べ-詳細)

水拭きで汚れが落ちないときはクリーナーを使う

なかなか汚れが落ちない場合には、専用のキークリーンを使用して拭きます。
象牙や人工象牙の鍵盤にはキークリーンは使えませんので、乾拭きだけにしましょう。

アルコールの吹き付けは厳禁です!
汚れが落ちないからと言って、アルコールは決して使用しないようにしてください。
アルコールは消毒作用があり、揮発性も高いですが、ピアノには使用できません。
ひび割れなどの原因になることがありますので気を付けましょう!

 

ピアノを長く使う為に、日頃からきちんとお手入れすることが大切

ピアノのお手入れ方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか

やり方を一歩間違えると、逆にピアノを傷めてしまうこともあります。

みらい
みらい
きちんと知識を身につけて取り組んでいきましょうね!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村 クラシックブログへ